オートウエイ






タイヤ・ホイールの激安通販ショップ
≫AUTOWAY(オートウェイ)はこちら≪


※期間限定の為、売り切れ・終了の場合はご了承ください。

オートウェイの人気タイヤセット(4本セットで送料無料)が激安価格で!

AUTOWAYオートウェイではタイヤとホイールの4本セットがセット価格でお得に購入できます!

 

 

口コミで評判がいいのは台湾の大手タイヤメーカーナンカンのヨーロッパ向けブランドソナー。

4本の縦溝が排水性を向上し排水性と快適性を併せ持っています。

ホイールはキルヒアイスでほとんどの車種をカバーします。ネット価格38,920円です。

 

ドバイの世界的ブランドジーテックスの耐久性に優れたスタンダードタイヤはドライブ中に生じる水と熱を分散することで長持ちしてくれます。
左右非対称パターンで外側と内側に注意が必要です。
ホイールはキルヒアイスでセット価格は30,160円です。

 

AUTOWAYオートウェイは海外製品を安く手に入れることができることから他の店舗では手に入りづらい海外製品が人気ランキングに入っています。
希望のセットがない時にはそれぞれ単品で注文し要望欄に組込発送希望と記入します。

 

組込発送ができずバラ発送になる場合もありますがその場合は送料としてタイヤ、ホイールそれぞれ1本あたり1,080円の送料がかかります。
4本セット注文では送料無料ですので、購入するならセット購入が断然お得になります!

 

必ず装着前に空気圧を確認することが必要です。空気圧に調整してから装着します。AUTOWAYオートウェイのタイヤホイールセット商品は九州に在庫がある場合に限り販売される点に注意が必要です。組込作業後は新品として販売することができなくなるため、キャンセルできない点も注意してください。

オートウェイは日本のタイヤ、ホイールはもちろん他ではなかなか手に入らない

海外のメーカーのタイヤやホイールも手に入れることができます!

 

 

AUTOWAYオートウェイホームページでメーカー別に見ていくと、

日本ではまずブリヂストンです。

 

ブリヂストンは2006年に界シェアナンバー1を獲得した世界でも
トップクラスのタイヤメーカーです。

 

ダンロップは日本で一番はじめにタイヤを作ったメーカーで2012年の
世界シェア6位の実績を持っています。

 

ヨコハマタイヤは2012年の世界シェアで8位にランクインしています。

 

ファルケン、ダンロップは住友ゴムグループのタイヤメーカーです。
トーヨータイヤも世界的シェアを誇る日本メーカーです。

 

ヨーロッパのタイヤメーカーではブリヂストンに次ぐ世界シェア2位のフランスメーカーミシュラン

 

世界シェア5位の実績を持つイタリアのピレリ、同じくイタリアのマランゴーニ、ベルギーのミネルバ
フィンランドのノキアン、ドバイのジーテックスなどです。

 

アメリカのメーカーでは世界3大シェアを誇るグッドイヤー、ミシュラングループのビーエフグッドリッチ、
ブリヂストングループのファイアストン、プロコンプ、ファイナリスト、ロターラ、エックスティー、
サフィーロといったブランドを取り扱っています。

 

AUTOWAYオートウェイでは成長著しいアジアのタイヤも取り扱っています。

 

台湾メーカーをはじめ中国メーカー、韓国メーカー、タイ、インドネシア、シンガポールなど世界シェアに
入ってきているメーカーもあるのでこれからの注目メーカーです。

タイヤのサイズを確認し、取り付け店の確認が終わったらいよいよオートウェイのタイヤやホイールの注文です。

 

 

注文はAUTOWAYオートウェイのホームページから注文します。

 

 

この時取り付け店を入力するのを忘れないようにしましょう。
タイヤやホイール取り付けの工賃は取り付け店によって違います。

 


 

取り付け店を探すのはAUTOWAYオートウェイのホームページにリンクされているガレナビから探すと便利です。
郵便番号や都道府県などから簡単に取り付けをしてくれる店舗を探しましょう。

 

取り付け店に電話やメールをして自分で連絡を取るのは難しそうと思われる人もいるかもしれませんが、ガレナビの
車のカルテをダウンロードして必要事項を書き込んでみると自分の車の情報を整理できて連絡する時に戸惑いません。

 

取り付け店は日本全国にあり、地元のお店ですので距離的に近く難しく考えなくても大丈夫ですので安心です。
取り付け店にタイヤが届いたという連絡が来たら取り付け店に車を持っていきタイヤを設置してもらいます。

 


 

取りつけ代金を取り付け店に支払えば完了です。
オートウェイへの支払いはクレジット払い、代金引換、郵便振り込み、コンビニ支払いから自分に合った方法を選びます。

 

 

一番めんどくさいなと感じるところは取りつけ店を調べて自分で連絡をつけるとことかもしれませんが、
地元のお店がたくさんありますので気軽に電話してみるとよいでしょう。

 

AUTOWAYオートウェイループは日本最大の通販によるタイヤ、ホイールの専門店です。
日本国内産のタイヤ、ホイールをはじめ世界各国のタイヤ、ホイールを取り扱っています。

 

どうやって注文したらいいのでしょうか。
注文の仕方をみる前の注意点をまず見ていきましょう。

 

まず、自分の車のサイズを確認します。
タイヤの側面に書いてある数字がサイズです。

 

 

155、80、R13、79、T」とかいてあったらば155は幅でmm、80は扁平率で%、Rはラジアル構造、
13はリム径でインチ、79は加重指数、Tが速度記号となります。

 

 

速度記号は一定条件の下で走ることができる最高速度を示しています。

 

Nは140、Pが150、Qが160、Rが170、Sが180、Tが190、Hが210、Vが240、ZRが240超え、
Wが270、Yが300kmとなっています。

 

注文の前に確かめておきたいのが車がカスタマイズなどされていないかという点です。
カスタマイズによっては取り付けできない場合があるため注意が必要です。

 

AUTOWAYオートウェイのホームページから選びます。
タイヤやホイールを自宅で受け取るか、自分で取り付けができない場合は取り付け店を選びます。

 

取り付け店はガレナビで選ぶことができます。
取り付け店を決めたら注文の際には取り付け店のコード番号を入力します。

 

取り付け店を決めたら自分の車が取りつけできる型かを確認し、オートウェイから直送しても良いかを確認します。
直送確認をしないと注文していない商品として返品されてしまうことがあります。

オートウェイで他では手に入らないようなおしゃれなホイールを手に入れよう!

 

軽自動車専用キルヒアイスエスファイブはスポークタイプで5本スポークは
力強く飽きのこない力強いデザインが人気です。

 

ディッシュタイプはレトロ感たっぷりのお洒落なホイールはイタリア語で
かたつむりで全体的に丸いフォルムが人気です。

 

キャップは鏡面加工でありアクセントになっています。
メッシュタイプは細めのメッシュ感がスタイリッシュで都会的なイメージです。

 

フィンタイプはリムエンドまで伸びる15本のフィンが太陽模様のように印象的な
デザイン。シンプルで空きのこないどんな車にも似合うホイールです。

 

その他としては星型模様のようなガンメタ&ポリッシュ。
走ると回る模様は星型というよりも手裏剣乗用で可愛いと評判です。

 

AUTOWAYオートウェイで注文する際に注意したいのは車種、年式、グレードを必ず連絡することです。
車種によってはホイールを装着できない場合もありますので注意が必要です。

 

注文の品が取り付け店に届いたら装着前に適正な空気圧設定に調整することがひつようです。

 

タイヤとホイールを組込セット発送した時はキャンセルや返品は応じることができなくなるので
注文の時にはじっくり吟味してからにします。

 

オートウェイではタイヤもホイールもサイズ別、車種別、デザイン別に自分の車に合ったものが選べます。

 

他では手に入らないような海外のおしゃれなホイールを履いて自分だけの車感を出すのも楽しいですね!

オートウェイならスタッドレスも国内、海外のたくさんの種類のか中から選ぶことができます。

 

 

日本メーカーのブリヂストン、ダンロップ、トーヨータイヤなど

日本の冬を良く知っているメーカーが日本の冬道に合わせたスタッドレスタイヤを選ぶことができます!

 

 

韓国のネクセン

の世界的大手メーカーでウィンガードアイスはアイスバーン、

雪のどちらでも制動力がきくスタッドレスです。ブレーキング静粛性、快適性に高評価です。

 

 

台湾のナンカン

強力な氷雪上性能を発揮。

トレッド面に天然カーネルパウダーを使用して摩擦力を強めアイスバーンや雪道に強いタイヤです。
コーナリング性能、直進安定性、に優れ冬のドライブを快適にしてくれます。

 

 

イタリアのメーカーモモ

V字型のトレッドパターンをほどこすことでウェット路面での排水性を高くすることに成功し、

センターリブが雪道での安定した走りを演出してくれます。

 

 

中国のタイヤメーカーハイフライ

冬道の濡れた路面でも安全性を高めた運転ができます。

静音性にも優れ快適に走れます。

 

 

ドバイのジーテックス

接地面積を大きく保ち雪と氷に対する支配力を高めることで雪道の安定したドライブを演出します。

横へのスライドも抑えてくれます。

 

 

フィンランドのノキアン

アイスバーン、雪路でも強力な制動力を発揮します。

北欧の冬の厳しい環境が産んだドライビングレスポンスと低燃費性能に優れたスタッドレスです。

タイヤとホイールのAUTOWAYオートウェイでタイヤを選ぶ基準を考えたらスタンダードタイヤとはどのようなものでしょうか。

 

スタンダードは基本的な各メーカーの基準となる標準モデルです。

 

標準モデルですので装着する車も軽自動車からコンパクトカー、ミニバン、
大型セダンまで幅広く対応しています。

 

幅広く対応してはいますが、やはり大型のセダンやスポーツ車などではスタンダードタイプでは物足りないと感じる人も多いようです。

 

やはりスタンダードタイプは軽自動車やコンパクトカーなど小さい車で選ばれる傾向が見受けられます。
新車での購入時にはいてくる純正タイヤに比べるとスタンダードの方がはるかに性能がいいという場合も多いからです。

 

コンフォートやスポーツなどからみるとスタンダードは見劣りするかもしれませんが、
そのメーカーの基本とも言うべき標準モデルですのでスタンダードでそのメーカーの特徴が出てくるともいえます。

 

低燃費のエコスタンダードも多く出てきているためスタンダードタイプといっても侮れません。

 

経費や燃費などを重要視して、乗り心地にそこまでこだわりを持っていないのであればスタンダードタイプでも
十分であるといえるでしょう。

 

軽自動車やコンパクトカーのように小さい車にあまり高級なタイヤを履いてみても車体の方がスペック負けして
しまっていたらかえって安全性が保てない場合がありますので、車体に合ったものをタイヤとホイールの
オートウェイのホームページから選んでみましょう。

タイヤとホイールのオートウェイのコンフォートタイヤの定義

 

コンフォートタイプはスポーツタイプが特に走りを重視しているものであるのと
反対に、乗り心地と静粛性に重点を置いています。さまざまな路面に遭遇しても、
快適な乗り心地を得られるように考えられて設計されています。

 

装着車種もミニバンをはじめ、コンパクトカー、1ボックスカー、ミドルセダン、大型セダンまで幅広く選ばれています。

 

快適性を意味しているコンフォートタイプは、路面から来る衝撃を
和らげるだけでなく、走行中の音にも気遣っているタイプもあります。

 

スポーツタイプとは正反対とされるコンフォートタイプですが、走りを追求したスポーツタイプでも乗り心地がいい方が
良いということでスポーツコンフォートも出てきています。

 

エコタイプのコンフォートも多く出てきており、低燃費と環境配慮は特に国産物について大きな特徴になっています。
また、転がり抵抗がAAA、ウエットグリップaという本来相反するはずの性能を両方高く備えているタイプもあります。

 

外国製のものの方が、快適性や乗り心地、静粛性に重点を置いている傾向がありますが、種類が多く、
対応車種も広いコンフォートタイプは選ぶ時もいろいろあって選ぶのが大変という悩みもあります。

 

タイヤとホイールのAUTOWAYオートウェイのホームページにもタイプ別、大きさ別、車種別と選んで行けますので
自分の車にぴったりのタイプを探すことができるでしょう。

スポーツタイプのタイヤを選びたいと考えた時の特徴とは・・・?

 

走りやカーブなどの曲がりでもしっかりと路面をとらえスピードに乗った運転を楽しめるのが、スポーツタイプのタイヤです。

 

グリップ性能の強さ、路面をしっかりとつかんでくれる感覚です。

 

トレッド面のブロックが大きく、ウェット性能の向上を強くするため、太い溝が大胆にカットされた走りを意識したものになっています。

 

グリップ性を高めに意識すると低燃費とは遠ざかるためエコタイプが多くなってきている状況でエコ機能を意識したものに変わってきています。

 

転がり抵抗を低くするため、一昔前のスポーツタイプに比べるとグリップ性能も弱くなっているという声も聞かれます。

 

スポーツ系の車種や運動性能の優れているコンパクトセダンなどに使用されますが、街乗り、ガソリン代の高騰など、
やはり低燃費は意識せざるを得ない状況です。

 

オートウェイでスポーツタイヤを選ぶうえで注意したいことは溝が半分くらいに減ったら交換するということです。
溝は外側が大丈夫でも内側が減っていることもありトレッド全体を良く確認することが大切です。

 

トレッド面のゴムがすり減って固くなっているのに気付かないでいると突然、タイヤが限界を迎えることがあり危険です。
定期的な点検は欠かさないようにしましょう。

 

スポーツ車を愛用する走りを大切にする人にはがっちり走ってくれるイメージが低燃費の観念があまりなかった頃のものからすると物足りなく感じることがありませんが、やはり、環境や騒音など回りを気にすることも大切となってきます。

オートウェイでタイヤやホイールを選ぶ時に考えたいのはタイプ別の選び方です。

AUTOWAYオートウェイでもエコ、スポーツ、コンフォート、スタンダード、プレミアム、オフロード、スタッドレスとタイプ別に選べるようになっています。

 

エコタイヤとはゴムと地面で起こる摩擦が小さく、よく転がるため
「燃費がいい」転がり抵抗の小さなタイヤというのが一つの特徴です。

 

よく転がるということは低燃費につながり排気ガスも少なくなるので環境にやさしいという反面、転がりやすいということは雨などの濡れた路面をとらえるウエットグリップ性能が低くなるとスリップなどの危険性もあります。

 

転がり抵抗性能が高い順に「AAA、AA、A、B、C」でランキング分けした場合転がり抵抗性が「A」以上で、かつウエットグリップ性能が「a、b、c、d」ランキング「d」以上をJATMA(日本自動車タイヤ協会)ではエコタイヤとしています。

 

転がり抵抗を高めながらも、ウエットグリップ力を確保しているエコタイヤがどんどん開発されています。
AUTOWAYオートウェイのホームページにさまざまな種類がありますので検討してみましょう。

 

ここで一つ注意してほしいのは空気圧を1ヶ月に1回は点検するということです。
全く車に乗っていなくても空気圧は減少してしまいます。

 

効果的な低燃費性を実現するには一定の空気圧が必要となるためにガソリンスタンドに立ち寄った時など毎月1度は点検することによりお財布にも地球環境にもやさしい運転ができることとなり一石二鳥ですね。

オートウェイの関連動画を集めてみました。

 

 

 

 

 



タイヤ・ホイールの激安通販ショップ
≫AUTOWAY(オートウェイ)はこちら≪